PEACE

Project

黒林堂 CLIENT/CAPPAN STUDIO

こだわりのあるお客様に、こだわりのある商品を。 デジタルな時代によみがえる活版印刷技術

印刷所として、創業50年を迎える「林印刷所」の職人たちが抱える葛藤。―「活版印刷の魅力を知ってほしい。だが、伝える方法がわからない」。印刷の歴史を支えてきた活版印刷の魅力を現代に伝えるべく、林印刷所とPEACE Inc.はタッグを組み、「黒林堂」という活版印刷名刺専門店を設立。

卸町段ボールプロジェクト CLIENT/共同組合 仙台卸商センター

子どもたちの自由な発想が、街の未来を描く。 街の象徴である段ボールを使って、巨大ジオラマを完成。

東北の物流や流通の拠点となっている「卸町」。2015年の地下鉄東西線開通に伴い、街に新しく駅ができることを記念して実施された、町おこしとなるイベントアイデアコンペで見事大賞を受賞し、実際にイベントを運営するまでのプロジェクト。

らくがきトレイン CLIENT/卸町「ふれあい市」

電車にらくがき? らくがきトレインが子どもたちの夢をのせて走り出す

宮城県仙台市の卸町で行われる、2日間で5万人が訪れる「ふれあい市」。卸問屋の商品を卸値以下の価格で買えることもあり、大好評のイベントだが、大人向け商品が多く、退屈してしまう子どもが多いという課題もあった。家族みんなで楽しめるイベントにすべく、iPadを使用した子供向けコンテンツを作成した。

Plethora Magazine CLIENT/Plethora Magazine Japan

すべてのページがポスターに。 従来の雑誌の概念を覆す、新しいタイプのアートマガジン。

ポスターサイズという並外れたフォーマット、ヒンズー寺院の僧侶による高度な印刷技術、60年代のウッドカット作品から、現代のコンテンポラリーアート、ジャン=ミシェル・バスキアの写真が掲載された内容など、どれをとっても、強いこだわりを感じられるPlethora Magazine。そんなマガジンを日本で展開するというプロジェクト。

PEACE PARTY

PEACE Inc.設立9周年を記念したPEACE PARTY Project。
「Make it happen(コトを起こそう)」をキーワードに、来場者をインタラクティブな世界へと誘う。

PEACE Inc.のテクニカルチームを主導し、普段の制作ではなかなかお見せすることのできない、「BEER CATCHER(ビアーキャッチャー)」、「DISH ART(お皿でアート)」、「偉人会議」など、ユニークなインタラクティブコンテンツを体験してもらい、PEACE Inc.の強みや取り組みを伝えた。

PAGE TOP